2019.09.03

疲れた時、ヨガの「ダウンドッグ」をやってみましょう。気持ち良く肩や腰が伸び、疲労感が取れます。
また、骨粗しょう症や更年期障害にも有効と言われています。


①膝をついて床に四つん這いになる。手は肩幅より広く、肩より少し前の位置に置き、手のひらは床にべったりつける。足は腰幅に広げ、つま先を立てる。

②手に体重をかけながら膝をもち上げ、お尻を高くしていく。

③そのまま膝を伸ばし、かかとを床につける。上半身は床についた手から腰まで一直線なるように伸ばす。

④頭は両肩の間に入れて内側に下げる。身体の余計な力を抜いて背中を伸ばして腰が十分に伸びるのを意識します。

⑤そのまま深呼吸をしながら30秒保持する。

⑥ゆっくりと最初の姿勢に戻す。