2019.07.19

★便秘★

日本内科学会では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」を便秘としています。
実際に、悩んでいる人は60歳未満では圧倒的に女性が多く、これは女性ホルモンが大腸の動きを緩やかにするためです。 60歳以上になると男女ともに増加し、80歳を過ぎると逆に男性の方が多くなります。 
食事をとると胃が働き、その刺激で腸も動いて便意を催すので、一日3食きちんと食べましょう。 特に朝食後は強い便意が起こるので、朝食抜きは禁物です。 また腹筋を鍛えたり、お腹をマッサージして腸を刺激することもおすすめです。
大腸がんの原因はさまざまですが、便秘もその一員なので、たかが便秘と放置せずしっかり予防しましょう。