2019.05.04

★変形性膝関節症★

変形性膝関節症は、関節にある軟骨がすり減って変形したり、骨と骨がこすれたりすることで、炎症や痛み、
こわばりが出る症状です。  なかでも身体を支えている部位には負担がかかりやすいため、膝や股関節によく見られます。  年齢が高くなるほど患者数は増える傾向にあります。  その理由は加齢とともに筋力が弱くなり、
関節にかかる負担が大きくなるからです。  予防には、椅子に浅く腰掛けて、脚を上げたままで保つ運動や、
仰向けで脚を上げるなどで、筋力を維持することが大切です。 続けることで筋力が維持され、関節にかかる負担の
軽減につながります。