2018.11.12

★眼精疲労★

スマートフォンやタブレットの普及で、目を酷使する人が増えました。  しかし、普段から意識的に目のケアをする人は少ないようです。 目の疲れは老眼のような症状や、ドライアイを引き起こします。
そのような症状を招かないためには、日頃から適度に目を休ませることが必要です。 目の疲れの予防にはスマートフォンなどを30cm位はなして見る。 意識的にまばたきを増やし、時々遠くを見ることを、心がけましょう。
また、やけどをしない程度に温めたタオルを目の上に置くと、血行が良くなり目の疲労回復効果があります。